スプラトゥーンにそっくりなパクリゲーが登場。ブキを持ったキャラクターがインクに潜り、塗り合う三人称視点シューター

ソフトウェア

本ページ、及び本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
詳細はプライバシーポリシーページをご確認ください。

スプラトゥーンといえば、ブキを使ってインクを塗り合うSwitch用のソフト。
ナワバリを争ったりバイトでイクラを集めたり、たまのフェスでチームに分かれて競ったり。
シリーズ化されファンも多く、老若男女楽しめる人気のゲームソフトです。

ブキを使ってインクを塗り合うバトル。このジャンルを切り開いたのは間違いなく任天堂だ

人気商品は偽物が出回る運命…なんていったら身も蓋もないのですが、スプラトゥーンも例に漏れず。
中国のディベロッパーが開発しているゲームが、スプラトゥーンそっくりだと話題になっています。

ゲームタイトルは「Cyberverse」。インクに潜伏し進み、ブキを使って相手を倒す。もちろん地面も塗るぞ

この情報を伝えているのは中国ゲーム業界メディアを扱う「Superpixel」。
映像を見ていただければわかるのですが、完全にスプラトゥーン。
これをパクリじゃないと言い切るほうが難しく、Superpixelも「完全にスプラトゥーンのパクリだ」と怒りの投稿。

ゲームスタイルやシステムはもちろんのこと、キャラクターやインターフェースまでスプラトゥーンを意識しているように感じます。全体的にポップ基調なデザイン、登場するブキ、スペシャルやサブウェポン。

キャラクターこそ人間だが、デザインはスプラトゥーンっぽくポップでカラフル
インクに潜伏して移動するスタイルもスプラトゥーンそっくり
登場するブキやスペシャルも既視感が
背景こそ中国風だがタッチやディテールはまさにスプラトゥーン

インクに潜伏するとブキがチャージされ、ゲージがMAXになればスペシャル発動。
デザインだけではなくシステム周りも酷似しており、「パクリではなくオリジナルだ」と主張するには少し無理がありそうです。

「XR(クロスリアリティ)」を主としたゲームのようだが、それでも似すぎているのは否めない

ちなみにこの「Cyberverse」ですが、単純なシューターゲームとしてではなく、「XR(クロスリアリティ)」として開発されている様子。

現実世界をフィールドにゲームを楽しむことができる

XRとは、VRとARの組み合わせや、その中間にあるようなゲームなど、各技術を融合させているコンテンツのこと。
大雑把に言えばゴーグルタイプのデバイスを装着し、現実世界にゲーム画像を重ねて表示しプレイする、といった所でしょうか。

同社のWeibo公式アカウントにはXRプレイの様子が公開されており、なかなか楽しそうではあります。

日本でやるとしたら街中でのプレイは迷惑になるので、専用のプレイスポットを用意して…なんて感じでしょうか。
ゲームを楽しみながら運動できるので、そういった需要も拾えそうです。

少し話がそれましたが、「スプラトゥーン」にあまりに酷似している「Cyberverse」。
多方面から波紋を呼びそうです。

created by Rinker
任天堂
¥5,491 (2024/05/29 05:48:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
任天堂
¥980 (2024/05/28 17:21:18時点 Amazon調べ-詳細)

※本記事内の画像はCyberverseのプレイ動画よりスクリーンショットを掲載しています。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  2. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  3. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  4. ハッキリと映る半透明の幽霊。ペンシルバニア州で撮影された、あまりにも不気味な光景

  5. 大ダメージ確定ですわ…まるで魔法攻撃のような、連続落雷の瞬間を捉えた超貴重な映像

  6. GTA6まで待てない!GTA5のグラフィックは最新PC環境でどこまで進化したのか

  7. 落雷の威力がヤバすぎる…住宅側の木に雷が落ちる衝撃の映像

  8. 一蘭とんこつ炎(カップ麺)をガチレビュー。「辛さ」がクセになる、一蘭らしいハイクオリティな豚骨ラーメン。味や特徴、通常の一蘭との違いなども

  9. IQOSを禁煙して約1年5ヶ月。禁煙のメリットとデメリット、体調の変化や健康診断の結果など

  10. まるで芸術作品!巨大なクレープ生地を作る職人の姿に驚き!見ているだけで気持ちがいい、クレープ生地作りの動画

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールZ KAKAROTの違いを比較。PS4版とPS5版でグラフィックやパフォーマンスはどこまで違いがでるのか

  2. 2

    スプラトゥーン3に勝ちやすい時間帯は存在するのか?勝率アップを狙うなら時間帯にもこだわってみよう

  3. 3

    ファイナルファンタジー7リバースのグラフィック設定による違いを比較。設定によりどう違いが出るのか

  4. 4

    アイコスを吸うのをやめて約3ヶ月。その間に体験した良かったこと・困ったことのまとめ

  5. 5

    ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  6. 6

    ポケモンSVの”裏世界”を探検してみよう。壁抜け技を用いて裏世界へ行く方法

  7. 7

    Google翻訳とDeepL翻訳はどっちがいい?実際に翻訳して精度を比較してみた

  8. 8

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  9. 9

    歴代プレイステーションで発売されてきたグランド・セフト・オートVのグラフィック、フレームレート、ロード時間の比較動画が面白い。同じタイトルでもハードでここまで違いが出るのか

  10. 10

    ダイソーのSwitch用保護フィルムがコスパ抜群で超優秀!繰り返す、ダイソーのSwitch用保護フィルムは超優秀だ!

新着記事 特集記事 オススメ
  1. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  2. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  3. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  4. ハッキリと映る半透明の幽霊。ペンシルバニア州で撮影された、あまりにも不気味な光景

  5. 大ダメージ確定ですわ…まるで魔法攻撃のような、連続落雷の瞬間を捉えた超貴重な映像

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP