PS2のグランツーリスモ4を4K画質へアップし比較した動画が面白い。PS5のグランツーリスモ7と比べてグラフィックにどんな差があるのか

ソフトウェア

グランツーリスモって元々グラフィックに力を入れていて、どのハードでも綺麗に見えていました。
初代PlayStationでのグランツーリスモも環境マッピングを上手く取り入れ、レースだけではなく「リプレイも楽しむ」レースゲームに。
その後ハードと共にグラフィックも進化し、グランツーリスモ7では4K/60fpsを実現。
滑らかな動きと車の質感・ディティールを細部まで再現してくれています。

ライティングからディティールまで、全てが美しいグランツーリスモ7

そんな中、PlayStation2でリリースされていたグランツーリスモ4を4K画質にしている猛者ユーザーが。
しかもグランツーリスモ7との比較までしていて、とても興味深かったのでご紹介したいと思います。

PS2時代のグランツーリスモを4K画質まで引っ張り上げたら、どこまで綺麗になるのか?

今ではレトロゲームとはいえ、PlayStation2も当時は最先端のテクノロジーを詰め込んだ家庭用ゲーム機。
特にEmotion EngineとGraphics Synthesizerの性能は飛び抜けており、あまりの性能の高さから兵器転用の恐れがあるとされ輸出規制対象となったことも。

その性能の高さを見込んでからか、そのまま高画質化にも耐えれるほどグランツーリスモ4はモデリングが作り込まれています。
グランツーリスモ4の4K化と、同条件(4K)のグランツーリスモ7の比較動画がYouTubeで公開されていますのでご覧ください。

ちなみにPlayStation2の再現に利用されたのはPCSX2。
PlayStation2の有名なエミュレーターです。

エミュレーターを使えばPCのスペックにもよりますが、レトロゲームの高画質化が可能。
当時のグラフィックを、現在でも十分通用するほどに引き上げることができます。

グランツーリスモ4は車体と背景がマッチしていないように感じる。ただ高画質化されただけでは、現代のグラフィックには到底及ばない

何て表現したらいいのかわかりませんが、グランツーリスモ4は車体が浮いて見えるというか…何だか合成画像っぽさが抜けません。
一昔前のPCゲームっぽい画質というか、シャキーンとした高解像度のポリゴンを張り合わせた感が全面に出ています。
やはりただ単純に高解像度化するだけでは違和感が出てしまうようです。
それでも実機のPlayStation2に比べたら驚くほどの高画質なのですが。

PlayStation2と比較すると十分すぎるほど高画質。しかしカクカク感は感じる
アスファルトやコース外の背景はノッペリとした印象。ベタ塗り感がすごい
エスケープゾーンから巻き上げられた砂煙に注目。完全にエフェクトの切れ目が見えている
看板は高解像度化されていないので、違和感を感じる

対してグランツーリスモ7は至って自然。
やはりHDR・レイトレーシングなど4K以外の技術が効いている感じです。
そもそもPlayStation2とPlayStation5では使えるグラフィックのライブラリやAPIが異なるので、グラフィックの質に差があるのは当然なのですが。

PlayStation5になるとモデリングのカクカク感は感じない。また観客や背景にも密度を感じる
もちろん看板も高解像度。ハッキリと読むことができる
乗車するドライバーも完全再現

それとコース背景が全然違いますね。
当時は気になりませんでしたが、グランツーリスモ4の背景はアッサリと少し寂しい感じ。
対してグランツーリスモ7は密度があり、オブジェクトの陰影や質感、色味まで細かく再現されています。

アスファルトの表現やコース再現度、背景までグランツーリスモ7は忠実に再現されている

それでもPlayStation2を4K画質でプレイできるのは楽しい。今まで潰れて見えなかった文字や模様もクッキリわかり、思い出も鮮やかに蘇る

いくらPlayStation2を高画質化しようと、PlayStation5には敵いません。
しかし昔のゲームを4K画質でプレイ・再現できるのは楽しいですね。

「ここにはこんな模様が」「このテクスチャやここまで描き込みしてあったのか」など。
また同じ車を新旧比較するのも発見があります。

YouTubeの動画自体も4Kでアップされていますので、4K対応のテレビやディスプレイをお持ちの方はぜひ4K画質でお楽しみください。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥3,900 (2022/12/07 10:48:34時点 Amazon調べ-詳細)

※本記事内の画像はPlayStation JapanのYouTubeアカウント動画よりスクリーンショットを掲載しています。

※本記事内の画像はRowdyのYouTubeアカウント動画よりスクリーンショットを掲載しています。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. Switchのコントローラーを修理するのに便利な『修理キット』は、ある程度品質にこだわったほうが幸せになれる

  2. ダイソーのSwitch用保護フィルムがコスパ抜群で超優秀!繰り返す、ダイソーのSwitch用保護フィルムは超優秀だ!

  3. 充電しながらテーブルモードでプレイ可能。3段階角度調整も。Nintendoライセンス商品、HORIのNEWプレイスタンドfor Nintendo Switchをレビュー

  4. PS2のグランツーリスモ4を4K画質へアップし比較した動画が面白い。PS5のグランツーリスモ7と比べてグラフィックにどんな差があるのか

  5. PlayStation5用のコントローラー、DualSense Edgeは高額だが、通常コントローラーを修理したり買い替えるよりも安く上がり、かつ高機能で総合的なコスパと満足度は高いのかもしれない

  6. マイクラ好きにおすすめしたい。現代風のお洒落な建築と街作りを楽しめる、一人称視点の建築シミュレーションゲーム『Technicity』

  7. NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  8. お絵描きAI、Stable Diffusionで描いてもらったゲームのイラストがカオスすぎて印象派の巨匠も二度見するレベル

  9. 歴代プレイステーションで発売されてきたグランド・セフト・オートVのグラフィック、フレームレート、ロード時間の比較動画が面白い。同じタイトルでもハードでここまで違いが出るのか

  10. スプラトゥーン3の新技、イカロールはかなりのダメージを耐えることが可能。スプラッシュボムもノーダメージ状態であれば1発は耐えることができる。

ランキング

  1. 1

    PlayStation5用のコントローラー、DualSense Edgeは高額だが、通常コントローラーを修理したり買い替えるよりも安く上がり、かつ高機能で総合的なコスパと満足度は高いのかもしれない

  2. 2

    バンカラマッチや昇格戦で通信エラーが発生すると怒りを通り越してコントローラーぶん投げたくなるが、そこは大人なのでグッと我慢してアップデートでの更新に期待する話

  3. 3

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

新着記事 特集記事 オススメ
  1. Switchのコントローラーを修理するのに便利な『修理キット』は、ある程度品質にこだわったほうが幸せになれる

  2. ダイソーのSwitch用保護フィルムがコスパ抜群で超優秀!繰り返す、ダイソーのSwitch用保護フィルムは超優秀だ!

  3. 充電しながらテーブルモードでプレイ可能。3段階角度調整も。Nintendoライセンス商品、HORIのNEWプレイスタンドfor Nintendo Switchをレビュー

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP