三菱のi-MiEV(アイミーブ)はコスパ最高の軽EV。通勤や近所への買い物・送迎用途であれば満足度高しで幸せになれる

モビリティ

電気自動車って「航続距離が短い」「充電設備が少ない」「立ち往生したら終わり」なんてイメージがあって、なかなか手を出せない方も多いのではないでしょうか。
興味はあるけど購入までは…途中で電欠して止まったら嫌だし、充電するとこ無いじゃん!って感じで。

電気自動車は「充電スポットが少ない」「充電に時間がかかる」「航続距離が短い」などのネガティブなイメージがある

実は当サイトの編集部員Sがi-MiEV(アイミーブ)を所有。
通勤から近所の買い物・送迎までをこなし、普段から「コスパ最高、マジでこの車いい!」と言っているので実際の走行可能距離をメインに様々なテスト&ガチレビューをやってみました。
アイミーブを購入検討、興味のある方は必見の記事です。
ちなみに当サイトは車の専門誌でもなく専門家でもありません。
あくまで専門外メディアのレビュー記事として見ていただければ幸いです。

編集部員Sの走行距離10万kmオーバーのアイミーブ。2012年式、駆動用バッテリー容量16.0kWhのGグレードモデル

編集部員Sのアイミーブがこちら。

走行距離約101,200kmのアイミーブ。当然この間はガソリンを一滴も使っていない。

2012年式で走行距離10万kmオーバー。
駆動用バッテリー容量が16.0kWhのGグレードモデルです。

記事執筆時点が2023年なので、新車から11年経過。
そう考えると、それなりに各所ヤレやヘタリが発生しているはずです。
が、乗っている本人はあまり気にする様子もなく。
2022年に定期点検や車検を行っているのですが不具合箇所なく、ブーツ周り・ワイパー・フロントのスモールライトを交換した程度。見た目もキレイな部類で、荒っぽい乗り方はしていない印象です。

中古車サイトなどを探したら走行距離10万kmオーバーのアイミーブなんてゴロゴロ出てきますが、アレに近い感じをイメージしていただければと思います。

アイミーブのスペックと今回テストした条件

大まかなスペック

車名:i-MiEV(アイミーブ)
グレード:G
年式:2012年
型式:HA3W
駆動用バッテリー容量:16.0kWh
1充電走行可能距離:180km(JC08)
走行距離:約101,200km

テスト条件

季節:冬(1月)
外気温:開始時7.0度、終了時10.2度
時間帯:11時20分計測開始、15時15分終了
走行モード:E(エコモード)
エアコン:未使用
シートヒーター:運転席のみ使用
高速道路:未使用
道路状況:郊外(未渋滞)4割、市街地(渋滞)6割
乗員数:大人3名

※極端なエコ運転や高負荷運転は行わず、一般的な運転方法で実施。
※EVに厳しい冬にテストしたので、外気温が高くなればこれよりもスコアは伸びる。
※駆動用バッテリー容量はメーカー公称値16.0kWhだが、今回テストのアイミーブはバッテリーの劣化もあり100%の値ではない。

まずは結論から。往復で50km以内の走行なら余裕。ただし、エアコン・外気温・季節に大きく左右されるので注意

結論からいえば、往復50km以内なら余裕。駆動用のバッテリー残量も十分にあり、電欠の心配をすることなく安心してドライブ可能です。テスト終了時の走行距離が38.5km、バッテリー残量11メモリ。
フル充電で16メモリなので、38.5km走行するのに5メモリ消費したことになります。

今回のテストで38.5km走行、バッテリーは5メモリ消費した

8メモリ消費でバッテリー残量計上、ちょうど半分。
あくまで計器上の表示なので正確な値ではありませんが、走行距離50kmは7~8メモリ消費と予想されます。
電欠が怖いので安全マージンは多めに取っておきたいのですが、50km走行してバッテリーが約半分残っている、となれば上々ではないでしょうか。

ちなみに50kmの範囲ってこれくらい

ちなみに50kmはこれくらいの範囲。
東京駅丸の内駅前広場を中心として半径50kmを表示しています。
数字で見ると少なく見えますが、地図で見ると意外とイケるじゃん!ってなりますね。

東京駅丸の内駅前広場を中心として半径50kmの範囲を表示。この距離なら余裕で移動できる

あくまで今回のテスト結果ですが、38.5km走ってバッテリーの残量は11メモリ。つまり半分以上。
そう考えると普段の買い物や送迎・通勤通学だけに使えば、かなりお得で鬼コスパだと思います。

なお、電気自動車は冬場・エアコンON・高速道路走行はとても苦手。
みるみるバッテリー残量が減っていきますのでご注意を。
今回のテストではエアコンを使用していませんの。もし使用していたら設定温度にもよりますが、これより3割ほどダウンすると思います。

1

2 3 4 5

関連記事

特集記事

新着記事

  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  4. 『SILENT HILL 2』のリメイクとオリジナルのグラフィック比較。Unreal Engine 5で表現される霧の世界はどのような変化を遂げたのか?

  5. 三菱のi-MiEV(アイミーブ)はコスパ最高の軽EV。通勤や近所への買い物・送迎用途であれば満足度高しで幸せになれる

  6. ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  7. Unreal Engineで再現された超リアルな初代マリオブラザーズ。製作者はなんとゲーム開発経験ゼロ。実際に遊べるゲームを目指して開発中

  8. 大ジャンプ・がけのぼりのライドスキルがなくてもベイクタウン途中のベイク洞窟を無理やり突破できた話

  9. APEX LEGENDS(エーペックスレジェンズ)の射撃訓練場から裏世界へ。バグ技を使ってテクスチャの向こう側を探検してみよう

  10. 特別なオリーブ転がし、実はゴールカゴに入れなくてもゴール判定に。慎重に坂を登るよりも大幅にタイム短縮が可能

ランキング

  1. 1

    PlayStation5用のコントローラー、DualSense Edgeは高額だが、通常コントローラーを修理したり買い替えるよりも安く上がり、かつ高機能で総合的なコスパと満足度は高いのかもしれない

  2. 2

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  3. 3

    早くもスプラトゥーン3にチート行為を行うユーザーが出現。無限マルチミサイル、インク影響無視、ダメージ無効化などの目撃情報がアップされる

新着記事 特集記事 オススメ
  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP