GeForce RTX4000シリーズは本当に必要か?コスパを求めるならRTX3000シリーズがコスパ最強でおすすめ

ハードウェア

今年発売と噂されるNVIDEA(エヌビディア)のGeForce RTX4000シリーズ。
最初にリリースされるのはハイエンドクラスのRTX4090とされています。

旧世代のグラフィックボードやゲーミングPCからの買い替え、もしくはゲーミングPC購入を検討している場合、RTX4000シリーズの発売まで待つ方も多いんじゃないでしょうか。
どうせなら最新世代のグラフィックボードを使いたいですよね。

ちなみにRTX4090は前世代のRTX3090に比べスペックが約1.8倍。
一部のゲームやソフトウェアでは80~120%ものパフォーマンス向上が期待できるようです。
アーキテクチャはAmpereからAda Lovelaceとなり、リークレベルですがレンダリング画像・生産予定表・ベンチマークもチラホラと。今年のGTC 2022、もしくはGeForce向けのイベントで発表される見込みで、いよいよ発売への現実味を帯びてきました。

このRTX4000シリーズ、どれくらい凄いのか?
いまいちピンとこないかもしれませんので簡単なスペックをまとめてみました。
※スペックは正式発表ではなく、噂やリーク情報を含みます

用途デスクトップ向け
プロセスTSMC 4N
シェーダープロセッサの数16,384
ベースクロック不明
ブーストクロック2520 Mhz
メモリ24 GB GDDR6X
TBP450W
FP32演算約90 TFLOPs

あくまで噂レベルなのでこの通りのスペックとは限りませんが、例えばPlayStation 5のFP32演算性能が10.3TFLOPsなので、RTX4090はPlayStation 5に比べ約8~9倍の性能に。
FP32演算性能だけでスペックを語ることはできませんが、単純比較としても驚きの数値です。

性能も凄いが値段も凄いことに

グラフィックボードとしての性能は文句なしだと思うのですが、それに比例して値段も高額になりそうです。
これも確定ではありませんが、発売価格は1,900~2,000ドルと予想されています。
現在の為替レートから換算すると、273,600~288,000円。
コアゲーマーなら妥当な金額と納得するかもしれませんが、カジュアルに楽しみたいユーザーにはとても手が出ません。

グラフィックボードだけでこの金額なので、CPU・電源・メモリ・マザーボード・ケース・ストレージなどをゲーミングスペックで組むと500,000~700,000円クラスのPCになってしまいます。DELLやLenovoなどのメーカー系・パソコン工房やマウスコンピュータでも似た金額になるでしょう。
またディスプレイ・キーボード・マウス・ヘッドセットは別に用意する必要があるので、本当にコアなゲーマー向けの価格帯です。
新規購入ではなく組み直しでも300,000円近い出費となる可能性もあり、おいそれと気軽に買えるものではないですね。

前世代のグラフィックボードでも十分に高画質プレイは可能。エントリーからハイエンドクラスのゲームまで幅広く対応

ゲーミングPCが欲しい、もしくはグラフィックボードの買い替えを検討しているなら、RTX3080辺りを狙うのもありです。
前世代とはいえハイエンドクラスのグラフィックボード。決して性能が低いわけではありません。

ゴリゴリのコアゲーマーならともかく、カジュアルにゲームを楽しみたい、家庭用ゲーム機よりも高品質でプレイしたい、PC版のゲームがプレイしたい、といったユーザーが大多数です。
プロゲーマーでも無い限り、ウルトラハイエンドな環境は必要ないでしょう。

資料作りやリモートワークなど仕事でも使うでしょうし、家庭で共有するかもしれません。
正直、極端にゲーム特化したPCは扱いにくい面もあり、また金額面も非常に高額です。
RTX3000シリーズであれば向こう数年はグラフィックボードの性能に困ることもなく、快適なゲームプレイが楽しめます。
また動画編集・PhotoshopやIllustratorなどのクリエイティブな作業でも活躍。
最大限にグラフィックボードの恩恵に授かれます。

Photoshopでのグラフィックボード設定
Illustratorでのグラフィックボード設定
previous arrow
next arrow
 
Photoshopでのグラフィックボード設定
Illustratorでのグラフィックボード設定
previous arrow
next arrow

TechMuddy的にはRTX3080が一番良コスパではないかと思いますが、もちろん3070や3060でもOK。
さらに手の出しやすい価格帯です。
もちろん価格と性能は比例しますが、重量級のAAAタイトルにMODやレイトレーシングをONにして4K高画質で楽しむ!といったことをしなければ、ほとんど問題ありません。

またRTX3000シリーズは在庫が潤沢にあり、NVIDEAも価格を引き下げてでも一掃したいようです。
発売当初から比べると大幅なディスカウントが行われており、RTX3000シリーズはほぼ定価割れの状態。
さらに9月~10月中に追加のディスカウントが実施される噂もあります。

特にRTX3080は値落ちが顕著であり、性能と価格を比較するとコストパフォーマンス抜群のグラフィックボードではないかと思えます。

1

2

関連記事

特集記事

新着記事

  1. オンライン対戦ロビーの練習場にあるダミイカを使えば壁抜けすることが可能。しかし、その後「やられた」判定になるので裏世界を楽しむことはできないが…

  2. NVIDIAからRTX4000シリーズのデモ映像が公開。旧世代より強力なGPUパワーとDLSSの組み合わせで、ヘビー級ゲームでも高解像度&高fpsプレイが可能に

  3. オートマチック車は要注意!トランスミッション警告灯が点灯してTechMuddy号大ピンチの巻

  4. Unreal Engine 5で制作された日本の街並みがリアルすぎる。細部まで作り込まれた映像はずっと眺めていても飽きない。

  5. バンカラマッチや昇格戦で通信エラーが発生すると怒りを通り越してコントローラーぶん投げたくなるが、そこは大人なのでグッと我慢してアップデートでの更新に期待する話

  6. #コンパスライブアリーナをレビューしつつ、改善点や今後の展開に期待すること

  7. バンカラ”外”へ移動可能?バンカラ街から抜け出し、本来は侵入することのできないエリアに移動する方法が発見される

  8. 音だけでこんなに変わるの!?スプラトゥーン3とゲーミングヘッドセットの組み合わせは相性抜群。勝率アップにも貢献するマストアイテムだ

  9. スプラトゥーンのガチエリア間マッチングで999秒達成。その後40分以上待つもマッチングせず。今後のアップデートで改善を期待したい。

  10. なぜスプラトゥーン3では通信エラーが頻発しているのか?ユーザー側で改善できる通信環境とエラー回避方法について

ランキング

  1. 1

    スプラトゥーン3はどのようにチート対策に取り組むのか。純粋に楽しめるように、強力なチート対策システムの導入をお願いしたい

  2. 2

    発売から約9年。グランド・セフト・オート5のグラフィックはどこまで進化しているのか

  3. 3

    なぜスプラトゥーン3では通信エラーが頻発しているのか?ユーザー側で改善できる通信環境とエラー回避方法について

新着記事 特集記事 オススメ
  1. オンライン対戦ロビーの練習場にあるダミイカを使えば壁抜けすることが可能。しかし、その後「やられた」判定になるので裏世界を楽しむことはできないが…

  2. NVIDIAからRTX4000シリーズのデモ映像が公開。旧世代より強力なGPUパワーとDLSSの組み合わせで、ヘビー級ゲームでも高解像度&高fpsプレイが可能に

  3. オートマチック車は要注意!トランスミッション警告灯が点灯してTechMuddy号大ピンチの巻

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP