あくまで噂。PS5 Proは通常版PS5の2倍の性能、さらにレイトレーシング性能は2.5倍!5nmのZen4と独自アプコン技術を採用。発売時期は2024年を予定。

ハードウェア

未だに品薄で予約抽選販売が行われているPlayStation 5(PS5)。
ロード時間短縮や全体的なスペック向上、ハプティックフィードバック・アダプティブトリガーなどの新技術を搭載し、PS4から大きな進化を遂げています。
そんなPS5ですが、どうやら2023年~2024年にPS5 Proが発表or発売される説が少しばかり濃厚になってきました。
まだ噂や推測の域を出ない話ですが、多方面から2023~2024年といった時期が伝えられていますので、この時期に何らかのイベントやアクションがありそうです。

どうやらPS5に比べてPS5 Proはガツンとスペックアップするらしい

PS4からPS4 Proの時にはそこまでスペックアップしませんでした。
あくまでもちょい上位機。PS4.5というか、順当に機能を強化したハードウェアです。
4K表示が可能になったり(ネイティブではありませんが)、ブーストモードやエンハンスド機能、ストレージはSATA3規格になるなど。細かい箇所ではUSBポートの数が違ったり1080pでリモートプレイできたり。

ところがPS5 Proはガツンとスペックアップするようです。
RedGamingTechがYouTubeに投稿した動画によると、PS5と比較して通常時で約2倍の性能を発揮。
レイトレーシングでは約2.5倍の性能。
さらにPSVR2接続時にはパフォーマンス(もしくはグラフィック)強化。
ネイティブ4K表示はもちろんのこと、8K(おそらくアプコン)での動作を見据えたハード設計となっているとか。

Playstation 5 Pro Is COMING – PS5 Pro Performance, Ray Tracing Innovations, Release Date & Specs

AMD FSRではなく独自の超解像技術を採用か

以前に当サイトの記事では、PS5もしくはPS5 ProにはAMDの超解像技術、FSRが採用されるか?と予測していました。

FSRはハードウェアの制約も少なく比較的イージに導入可能な超解像技術です。
さらにPS5はAMDのZen2アーキテクチャCPUとRadeon RDNA GPUを搭載。
同じAMDのハードウェアとソフトウェアなので、相性が悪いとは考えられません。

しかしながらRedGamingTechによると、ソニー独自の超解像技術を採用。
もちろんソニーにこれらのノウハウが無いわけではなく、これまでにも歴代のPlayStationでアップコンバート機能を搭載していたり、AV機器の面から見てもPlayStationのアップコンバート機能は優秀と評価されていました。

てっきりFSRを採用とばかり思っていましたが、まさか独自アプコンとは。
まだ未確定な情報なので何とも言えませんが、少し意外です。

CPUはZen4、5nmプロセスもしくは4nmプロセスか

現行のPS5がZen2なのに対し、PS5 ProではZen4アーキテクチャを採用。一気に世代が更新されます。
さらにTSMCの5nmプロセスで製造されるとも。

TSMCの5nmはハイパフォーマンスコンピューティング向けに設計されており、膨大なデータ処理や複雑な演算を高速で処理することに長けています。
現行のPS5が7nmであることを考えると、こちらも大幅にシュリンクされます。
なお他の情報筋によると、5nmではなく4nmになる噂もあるようです。

PS5 Proの開発キットが欧州から北米に出荷されている

実はこんな記事もあり、謎のゲーム機のプロトタイプ(おそらくは開発キット)が欧州から米国に向けて出荷されていました。

Sony exports mysterious ‘console prototypes’ to U.S.

ソニーの欧州部門が、海外の「ゲーム機プロトタイプ」を複数台、米国に出荷したことが輸入記録で明らかになった。
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは最近、興味深い出荷を行っている。同社は、世界中から数千の開発キットをカリフォルニア州オークランドに送ったのだ。これらの開発キットは、ソフトウェアクリエイター向けに特別に改造されたPS5システムだと思われる。また、PSVR2の開発キットかもしれないし、あるいは、アップグレードされた新しいPS5 Proの初期ユニットかもしれない。
現在、ソニーは試作機を海外に出荷しているようです。国際出荷記録によると、Sony Interactive Entertainment Europeは、2021年11月16日にイギリス・ロンドン本社からバージニア州ノーフォークに向けて1,500ポンドのゲーム機プロトタイプを出荷しています。この出荷は、重さ694kg(約1,532ポンド)の4つのCTN(カートン)で行われました。

Sony exports mysterious ‘console prototypes’ to U.S.

これが何のプロトタイプなのかは不明なのですが、欧州のソニーからカリフォルニアに向けて、PlayStationに関連する機器が出荷されたことは間違いありません。
PSVR2の開発キットにしては、このタイミングで?といった印象で、もっと別な機器ではないかと。

発売もしくは発表は2023年~2024年の予測

他の情報筋でもそうですが、RedGamingTechでもPS5 Proの発売or発表は2023年~2024年を予想しています。
この「2023年~2024年」がキモで、どの情報でも左記の期間が指定されています。もちろん一部例外はありますが。
リーク情報全般に共通するのですが、皆が同じ期間を指定し始めると、だいたい当たっていたりするものです。
何なんですかね、この法則。
もちろん外れることもあるのですが、意外とその通りになったり。

何にせよPS5 Proについてはソニーが公式に発表した内容ではなく、あくまでも噂やリーク情報。
エビデンスや裏付けもありませんし、参考程度にお考えください。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. オンライン対戦ロビーの練習場にあるダミイカを使えば壁抜けすることが可能。しかし、その後「やられた」判定になるので裏世界を楽しむことはできないが…

  2. NVIDIAからRTX4000シリーズのデモ映像が公開。旧世代より強力なGPUパワーとDLSSの組み合わせで、ヘビー級ゲームでも高解像度&高fpsプレイが可能に

  3. オートマチック車は要注意!トランスミッション警告灯が点灯してTechMuddy号大ピンチの巻

  4. Unreal Engine 5で制作された日本の街並みがリアルすぎる。細部まで作り込まれた映像はずっと眺めていても飽きない。

  5. バンカラマッチや昇格戦で通信エラーが発生すると怒りを通り越してコントローラーぶん投げたくなるが、そこは大人なのでグッと我慢してアップデートでの更新に期待する話

  6. #コンパスライブアリーナをレビューしつつ、改善点や今後の展開に期待すること

  7. バンカラ”外”へ移動可能?バンカラ街から抜け出し、本来は侵入することのできないエリアに移動する方法が発見される

  8. 音だけでこんなに変わるの!?スプラトゥーン3とゲーミングヘッドセットの組み合わせは相性抜群。勝率アップにも貢献するマストアイテムだ

  9. スプラトゥーンのガチエリア間マッチングで999秒達成。その後40分以上待つもマッチングせず。今後のアップデートで改善を期待したい。

  10. なぜスプラトゥーン3では通信エラーが頻発しているのか?ユーザー側で改善できる通信環境とエラー回避方法について

ランキング

  1. 1

    スプラトゥーン3はどのようにチート対策に取り組むのか。純粋に楽しめるように、強力なチート対策システムの導入をお願いしたい

  2. 2

    発売から約9年。グランド・セフト・オート5のグラフィックはどこまで進化しているのか

  3. 3

    なぜスプラトゥーン3では通信エラーが頻発しているのか?ユーザー側で改善できる通信環境とエラー回避方法について

新着記事 特集記事 オススメ
  1. オンライン対戦ロビーの練習場にあるダミイカを使えば壁抜けすることが可能。しかし、その後「やられた」判定になるので裏世界を楽しむことはできないが…

  2. NVIDIAからRTX4000シリーズのデモ映像が公開。旧世代より強力なGPUパワーとDLSSの組み合わせで、ヘビー級ゲームでも高解像度&高fpsプレイが可能に

  3. オートマチック車は要注意!トランスミッション警告灯が点灯してTechMuddy号大ピンチの巻

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP