Unityが最新技術デモ「Enemies」を公開。圧倒的な超リアルグラフィックにガチでビビる。完全に実写じゃんこれ。

ハードウェア

本ページ、及び本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
詳細はプライバシーポリシーページをご確認ください。

Epic GamesのUnreal Engine 5に続き、Unity Technologiesも超リアルなデモ映像を公開しました。
Unreal Engine 5で制作されたマトリックスのデモ映像にも度肝を抜かれたのですが、Unityも負けていません。

公開された「Enemies」はフォトリアルを追求したUnityのシネマティックティーザー。
これまではコンピューターグラフィックス(CG)において、本物のようなデジタルヒューマンの表現とレンダリングは難しいとされてきました。「リアル」とされるCGでも、人工的で粗があり、何となく違和感を感じさせるものでした。
しかし今回公開されたデモ映像は想像を遥かに超えるレベルでリアル。

細かな表情やシワ、虹彩、血管がとても自然に表現されています。
また髪の毛の表現もよりハイレベルに。
「ポリゴンの塊」感はなく自然に揺れ、まるで1本1本丁寧にレンダリングされているかのようです。

40代の女優をモデルに採用

ストーリーや技術的な観点から、40代の女優をデジタルヒューマンのモデルとして採用。
肌の明るさ・透明感・産毛、話したり動いたりする際の肌の血流・血管・シワなど。
ライティングやシェーディング技術の表現や課題にぴったりだったようです。

20220517a04
20220517a01
20220517a02
20220517a03
previous arrow
next arrow
20220517a04
20220517a01
20220517a02
20220517a03
previous arrow
next arrow

また、髪の表現に関する技術も新たに開発。
「Unity Hair solution」と名付けられたそのシステムは、より自然にリアルに動き、毛束が非常に細かい場合でも効率的にレンダリングを行います。
映画やCGアニメのシステムに近い、HDPR向けシェーディングも実装。
どのような光の当たり方や状態であっても、パラメータを変更する必要なく高品質なビジュアルを作り出せるようです。

いつから使えるようになるのか?また、このUnityで作られたゲームが登場するのはいつなのか?

Unity公式ブログによると、Unity 2022.1 または 2022.2 に搭載される予定です。
現在(2022年5月13日時点)はアルファ版で、フルリリースで追加される機能の先行体験となっています。
もちろんアルファ版なのでバグや不具合が発生する可能性もあります。
利用される際は必ずプロジェクトのバックアップを行い、自身の管理と責任の下、お試しください。

髪の表現システム「Unity Hair solution」はGitHubで公開。
ユーザーからフィードバックを収集し、アップデートを行うようです。
正式にサポートされるようになれば、Unity公式ブログやSNSでお知らせするとのこと。

現時点では開発中のバージョンなので、このUnityで開発されたゲームがリリースされるのは当分先になるでしょう。
早くても2023年後半もしくは2024年頃のような気がします。

Unityは様々なプラットフォームにも対応しています。
iOS・Androidはもちろん、PlayStation4、PlayStation5、Xbox Series X/S、Nintendo Switchなどなど。
もちろんハードウェアごとの制約はあるでしょうが、PlayStation5、Xbox Series Xではデモ映像に近い表現が可能になると思います。ゲームのグラフィックもここまで進化したか!と思える日はそう遠くないはずです。

以前のデモ「The Heretic」からさらに進化。「Enemies」には様々な新技術が詰め込まれている。

Unityのデモチームは過去にも「The Heretic」を公開しています。

約7分45秒のデモ映像は見応えがあり、現代のゲーム映像と比較してもグラフィックは美しくリアルです。
しかし人間の表情・動きや質感などはやや人工的な印象。
最新デモ映像と比較すると、いかに「Enemies」が美しくリアルなのか実感できます。

いつの時代もグラフィックが進化すると「まるで実写だ!」の声が聞こえてきますが、これから10年、20年先のゲームグラフィックってどうなっているのでしょうか。
その時代と今のグラフィックを比較すると、やっぱり「クソグラじゃん!」ってなっちゃうのかな…。
慣れと進化ってある意味恐ろしいですね。

created by Rinker
¥5,706 (2024/06/24 19:10:27時点 楽天市場調べ-詳細)

関連記事

特集記事

新着記事

  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  6. ハッキリと映る半透明の幽霊。ペンシルバニア州で撮影された、あまりにも不気味な光景

  7. 大ダメージ確定ですわ…まるで魔法攻撃のような、連続落雷の瞬間を捉えた超貴重な映像

  8. GTA6まで待てない!GTA5のグラフィックは最新PC環境でどこまで進化したのか

  9. 落雷の威力がヤバすぎる…住宅側の木に雷が落ちる衝撃の映像

  10. 一蘭とんこつ炎(カップ麺)をガチレビュー。「辛さ」がクセになる、一蘭らしいハイクオリティな豚骨ラーメン。味や特徴、通常の一蘭との違いなども

ランキング

  1. 1

    スプラトゥーン3に勝ちやすい時間帯は存在するのか?勝率アップを狙うなら時間帯にもこだわってみよう

  2. 2

    ドラゴンボールZ KAKAROTの違いを比較。PS4版とPS5版でグラフィックやパフォーマンスはどこまで違いがでるのか

  3. 3

    ファイナルファンタジー7リバースのグラフィック設定による違いを比較。設定によりどう違いが出るのか

  4. 4

    ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  5. 5

    ポケモンSVの”裏世界”を探検してみよう。壁抜け技を用いて裏世界へ行く方法

  6. 6

    Google翻訳とDeepL翻訳はどっちがいい?実際に翻訳して精度を比較してみた

  7. 7

    歴代プレイステーションで発売されてきたグランド・セフト・オートVのグラフィック、フレームレート、ロード時間の比較動画が面白い。同じタイトルでもハードでここまで違いが出るのか

  8. 8

    DLSSとFSRはどちらが高性能なのか?26タイトルで画質を比較した結果、DLSSが圧勝する

  9. 9

    ダイソーのSwitch用保護フィルムがコスパ抜群で超優秀!繰り返す、ダイソーのSwitch用保護フィルムは超優秀だ!

  10. 10

    アイコスを吸うのをやめて約3ヶ月。その間に体験した良かったこと・困ったことのまとめ

新着記事 特集記事 オススメ
  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP