マルハラスメントとは何か?若者たちが句点「。」に感じる恐怖とは

生活

本ページ、及び本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
詳細はプライバシーポリシーページをご確認ください。

マルハラスメントとは

近年「◯◯ハラスメント」なんて言葉が乱立し、もはや何でもハラスメントになりそうな今日此の頃。
そんな中、「マルハラ」なる言葉が誕生しているようです。
ちなみに「マルハラ」とは「マルハラスメント」の略称。
若者がラインの文章のなかで句読点の「。」をつけることに対して、怖く感じる”ハラスメント”のことを指します。

ちなみにここまでで「。」は文末に4回使いました。
つまり4回マルハラをかましていることになります、ハイ。

マルハラスメントの定義

マルハラスメントとは、若者たちが句点「。」を文末につけることに対して、過度な解釈や誤解を生じさせ、心理的な圧迫感や不快感を抱くことを指します。
わかりやすく言えば、若者たちは句点「。」が入ると怒っているように感じたり、威圧感を感じたり、無言の圧力や心の距離があるように感じたりするのです。

ボスからの返信には「。」が。これがマルハラだ

まぁ、わからんでもない。
上司から短文で「~するように。」なんて返事が返ってきたら、不機嫌なのかな…なんて勘ぐったりします。

マルハラスメントの由来と背景

若年層の利用率が高いコミュニケーションアプリなどでの会話は、連続的にトークが残る特性があります。
そのため、句点が入ることで連続性が断たれたような感じがしたり、厳しいことを言われているような感覚に陥るのです。

また、「句点がない場合は相手の考えがわからない」と思ってしまう人もいるようです。
句点をつける場合は怒っている、冷たい、冷めていると受け取られがちだと捉えるようです。

さらに、絵文字の赤いビックリマークや、絵文字や長音記号の使い方も注意が必要です。
これらの表現方法は若者に怖がられることがあります。
理由は同じように、威圧感や怒りとして捉えるからです。
連続して赤いビックリマークを付けようもんなら、バチバチにキレてると思われるかもしれません。
たまに後輩に「りょーかい!!!(赤ビックリ)」なんて返信することがありますが、ブチ切れていると思われているかも…。
自分の中では笑顔で了解!のつもりなんですが。

赤のビックリマークなぞ送ろうものなら、バチバチに怖がられる可能性がある…

若者のコミュニケーションスタイルは文章を打つよりも、必要な場合はすぐに電話で話すことが多いとされています。
そのため、句点をつけることが若者にとっては普通ではないのです。
いわゆるチャット形式で短文のやりとりに慣れており、「文章」でコミュニケーションを取る習慣がないと言えます。
そちらのほうがテンポがよく、短文で要点だけ伝えることができるので理にかなっているといえばそうかもしれません。

一方で、マルハラスメントに対しては世代間の壁が存在しており、中高年の中には「仕事では句点をつけるのが普通」という意見もあります。
確かに社会やビジネスシーンでは句点をつけるのが当たり前であり、こんな仕事(編集とサイト運営)をやっていると、それは余計に感じます。
もうすでにこの記事の中に句点は大量に出現しており、一部の若者からすると卒倒レベルのハラスメント記事なのかもしれません。

「怖い・苦手」とはいっても、ビジネスシーンではそうはいかない。世代間でのギャップはあるにしろ、円滑なコミュニケーションが求められる

世代により認識が異なる

次に、「若者の間での句点「。」の認識」について考えてみましょう。

前述しましたが、若者のコミュニケーションスタイルは、文章を打つよりも電話やチャットで話すことが多いと言われています。
そのため、テキストメッセージやSNSの文面において、句点「。」に対する認識には個人差があることが分かっています。

一部の若者は句点「。」を普段から意識して使っており、相手に冷静な態度を示したり、会話を締めくくる意図を持って使っていることもあります。
しかし、全体の傾向としては、句点「。」は不要なものとみなされ、使われることが減ってきているのかもしれません。

マルハラスメントの影響

ここまでマルハラについて書き散らかしてきましたが、ぶっちゃけ若者世代は本当に「。」が苦手なのか。
調査人数が少なすぎて申し訳ないのですが、編集部&知り合いの若い世代に聞いてみました。

結果としてマルハラ自体を知らない子もいたし、「気にしない」「状況による」「少しは気になるかな」程度でした。

以上から、まぁ気にする人は気にするかも、でしょうか。

ただ世代間でのコミュニケーションの取り方は異なるので、批判するのではなくお互い歩み寄ることができればいいのかな、なんて思います。
ちなみにこの記事には文末で「。」が37回使われています。
37回マルハラやってますよ!なんて言われたら、何て返そうか…。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  6. ハッキリと映る半透明の幽霊。ペンシルバニア州で撮影された、あまりにも不気味な光景

  7. 大ダメージ確定ですわ…まるで魔法攻撃のような、連続落雷の瞬間を捉えた超貴重な映像

  8. GTA6まで待てない!GTA5のグラフィックは最新PC環境でどこまで進化したのか

  9. 落雷の威力がヤバすぎる…住宅側の木に雷が落ちる衝撃の映像

  10. 一蘭とんこつ炎(カップ麺)をガチレビュー。「辛さ」がクセになる、一蘭らしいハイクオリティな豚骨ラーメン。味や特徴、通常の一蘭との違いなども

ランキング

  1. 1

    スプラトゥーン3に勝ちやすい時間帯は存在するのか?勝率アップを狙うなら時間帯にもこだわってみよう

  2. 2

    ドラゴンボールZ KAKAROTの違いを比較。PS4版とPS5版でグラフィックやパフォーマンスはどこまで違いがでるのか

  3. 3

    ファイナルファンタジー7リバースのグラフィック設定による違いを比較。設定によりどう違いが出るのか

  4. 4

    ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  5. 5

    ポケモンSVの”裏世界”を探検してみよう。壁抜け技を用いて裏世界へ行く方法

  6. 6

    Google翻訳とDeepL翻訳はどっちがいい?実際に翻訳して精度を比較してみた

  7. 7

    歴代プレイステーションで発売されてきたグランド・セフト・オートVのグラフィック、フレームレート、ロード時間の比較動画が面白い。同じタイトルでもハードでここまで違いが出るのか

  8. 8

    DLSSとFSRはどちらが高性能なのか?26タイトルで画質を比較した結果、DLSSが圧勝する

  9. 9

    ダイソーのSwitch用保護フィルムがコスパ抜群で超優秀!繰り返す、ダイソーのSwitch用保護フィルムは超優秀だ!

  10. 10

    アイコスを吸うのをやめて約3ヶ月。その間に体験した良かったこと・困ったことのまとめ

新着記事 特集記事 オススメ
  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP