NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

ソフトウェア

本ページ、及び本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
詳細はプライバシーポリシーページをご確認ください。

国内でも海外でも人気。
最近では「教会への隠し扉」騒動があり、各国のプレイヤー達がこぞって謎を解き明かそうとしました。
※結局MODでしたが。

そんなNieR:Automataですが、グラフィック比較でお馴染みのElAnalistaDeBitsからPlayStation4版とNintendo Switch版の比較動画がアップされています。
一通り確認しましたが、やはりグラフィックはPS4が上手。スイッチ版はやや簡素化されています。
それでもゲームとしての面白さはスポイルされていないので、手持ちのハードや好みで選んでもいいでしょう。

NieR:AutomataのPS4版・Switch版のグラフィック&フレームレートの比較動画

YouTubeの設定から1080p60を選ぶと、比較がしやすくなりオススメです。
良い通信環境が確保できる場合は、ぜひ高画質で。

やはりオブジェクト数や解像度はPS4が有利。クリアで美しいグラフィックを楽しめる

やはり異なるのはオブジェクトの数や解像度。
PS4版では草木の数も多く画面もクッキリ。
Switch版では草木は簡素化され、解像度も低くなっています。

手前の草木に注目。PS4版のほうが密度が高い

影の鉄板の表現にも違いが。
PS4版では鉄板の模様が緻密に描写されているのに対し、Switch版では簡素化。
またオブジェクトに対しての影の表現にも違いがあり、PS4版では強めのシャドウがかけられていますが、Switch版ではボヤけたシャドウに。
遠景の解像度やシャドウにも差が現れています。

足場の鉄板模様はPS4版が緻密に描かれている。Switch版は簡素化。またシャドウ(影)の描写もSwitch版は曖昧だ

フレームレートはPS4版で最大60fps、Switchは最大30fps

フレームレートはPS4版は最大60fps、Switch版は最大30fpsです。

PS4版は最大60fps、Switch版は最大30fps

最大とはいえPS4の60fpsは動きは滑らかで、Switchの30fpsよりもヌルヌルと快適に動作します。
ただ、敵が出現した際は52~55fps辺りで動作。
処理が重いシーンではもう少し下がりそうです。

Switch版はフレームレートが大きく低下するシーンも

対するSwitch版もfpsの低下はあり。
特に”最大30fps”なので、10fps低下するだけでもカクつきは感じやすくなります。
正直、60fpsが50fpsに低下しても違和感はあまり感じませんが、30fpsが20fpsになるとおよそ30%の低下。
母数が小さい分、低下の割合は大きくなりカクつきは感じやすくなります。

ライティングは好みの問題か。視認性を求めるならSwitch版に軍配が上がりそう

ライティングは好みの分かれる所。
リアルを求めるライティングならPS4版ですが、シーンやアングルによっては見づらいと感じる場合も。
Switch版であれば簡素化が功を奏しているのか、見やすくクッキリしたライティングに。

PS4版は強めのライティング。雰囲気は出ているのだが、やや視認性に欠けるかもしれない
Switch版はスッキリとしたライティング。性能の問題で簡素化されているのだが、それが功を奏した感じだ

好みの問題ですが、”見やすさ”を求めるのならばSwitch版が良さそうです。

正直そこまでグラフィック差は感じない。大きく違うのはフレームレート

グラフィックの差はもちろんありますが、正直そこまでは感じないな、というのが正直な所。
うまくSwitchの性能に合わせて最適化されているようです。

フレームレートだけは大きな差がありますが、普段から30fpsのゲームをプレイしているユーザーは気にならないのではないでしょうか。
これがタイミングのシビアな音ゲーだったり格ゲーだったりすると話は違ってきますが。

編集部でもSwitch版を所有していますが、取材や気軽にプレイするのに便利です。
PS4版はグラフィックもフレームレートも安定しているので腰を据えてやすには快適なのですが、好きな場所で気兼ねなくプレイできるSwitch版のほうが都合が良かったりします。

自分のライフスタイルやプレイしたいシーンに合わせて購入するのが良きですね。
大きな差はないので、どちらも買っても後悔することはないと思います。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥4,409 (2024/06/24 19:51:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥2,919 (2024/06/24 21:05:01時点 Amazon調べ-詳細)

※本記事内の画像はElAnalistaDeBitsのYouTubeアカウント動画よりスクリーンショットを掲載しています。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  6. ハッキリと映る半透明の幽霊。ペンシルバニア州で撮影された、あまりにも不気味な光景

  7. 大ダメージ確定ですわ…まるで魔法攻撃のような、連続落雷の瞬間を捉えた超貴重な映像

  8. GTA6まで待てない!GTA5のグラフィックは最新PC環境でどこまで進化したのか

  9. 落雷の威力がヤバすぎる…住宅側の木に雷が落ちる衝撃の映像

  10. 一蘭とんこつ炎(カップ麺)をガチレビュー。「辛さ」がクセになる、一蘭らしいハイクオリティな豚骨ラーメン。味や特徴、通常の一蘭との違いなども

ランキング

  1. 1

    スプラトゥーン3に勝ちやすい時間帯は存在するのか?勝率アップを狙うなら時間帯にもこだわってみよう

  2. 2

    ドラゴンボールZ KAKAROTの違いを比較。PS4版とPS5版でグラフィックやパフォーマンスはどこまで違いがでるのか

  3. 3

    ファイナルファンタジー7リバースのグラフィック設定による違いを比較。設定によりどう違いが出るのか

  4. 4

    ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  5. 5

    ポケモンSVの”裏世界”を探検してみよう。壁抜け技を用いて裏世界へ行く方法

  6. 6

    Google翻訳とDeepL翻訳はどっちがいい?実際に翻訳して精度を比較してみた

  7. 7

    歴代プレイステーションで発売されてきたグランド・セフト・オートVのグラフィック、フレームレート、ロード時間の比較動画が面白い。同じタイトルでもハードでここまで違いが出るのか

  8. 8

    DLSSとFSRはどちらが高性能なのか?26タイトルで画質を比較した結果、DLSSが圧勝する

  9. 9

    ダイソーのSwitch用保護フィルムがコスパ抜群で超優秀!繰り返す、ダイソーのSwitch用保護フィルムは超優秀だ!

  10. 10

    アイコスを吸うのをやめて約3ヶ月。その間に体験した良かったこと・困ったことのまとめ

新着記事 特集記事 オススメ
  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP