DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

ハードウェア

本ページ、及び本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
詳細はプライバシーポリシーページをご確認ください。

DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)はソニー本家が作った、PlayStation 5用のコントローラー。
通常のDualSense(デュアルセンス)と異なり、様々なカスタマイズ・ボタン割り当て・セッティングが可能なハイスペックで変態なワイヤレスコントローラーです。

PlayStation 5向けのハイスペックコントローラー、DualSense Edge

お値段は定価で29,980円(税込)と、コントローラーなのに高額。
何ならあと少し出せばNintendo Switchの新品が買える値段なのですが、この価格にはそれなりに理由がありました。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥27,348 (2024/07/20 01:50:17時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにDualSense Edgeは高額だが良コスパで逆に安くつく、という記事も公開していますのでよければご覧ください。

公式が公開しているDualSense Edgeの開発・デザインストーリーの動画がガチってる

DualSense Edgeって何?どんな機能があるの?なぜそんな高額?という方のために、公式がDualSense Edgeの紹介動画を公開しています。開発経緯やデザインにも触れており、購入検討や興味のある方にとって見応えのある内容です。この機能と品質なら、この値段も納得!と思っていただけるはずです。

ハイパフォーマンスなコントローラーとは何か?を追求して作られた

冒頭にあるように、DualSense Edgeは「ハイパフォーマンスなコントローラーとは何か?」を追求して作られています。

DualSense Edgeはパフォーマンスを追求して設計されている

コントローラーとは読んで字の如く「コントロール」するデバイス。
このデバイス1つで、ゲームの全てをコントロールし、反応し、判断し、敵や対戦相手と戦わなくてはなりません。
もちろん通常のDualSenseもコントローラーとしては申し分ないスペックなのですが、万人に向けたデザイン。

道具を使うスポーツや作業をしているとわかりますが、手に馴染んだ道具は本当にいい仕事をします。
野球やサッカーでも、工具やデバイスでも。
自分に合わせてセッティングされた高品質な道具は、まさに相棒。

DualSense Edgeも同様に、自分に合わせて細かなセッティングができる、かつ高信頼性・高品質なゲームコントローラーです。

相棒と呼ぶに相応しい。サポートし才能を開花させる、ユーザーを強くするコントローラーだ

自分好みにセッティングや、ボタン割り当てやストローク幅も変更可能。
通常のDualSenseでは発揮できなかったユーザーの才能を開花させる、まさにユーザーを強くするコントローラー。

個人的にはアーマード・コアのプレイなんかに最適なんじゃなかろうかと思っています。
あれほどコントローラーのボタンを酷使するゲームはありませんから。

プロゲーマーからのフィードバックを反映。幅広い調整能力を持ったコントローラー

プロゲーマーといっても十人十色。
それぞれにこだわりたいポイントや使い方があり、それらに十分対応できるカスタム性を持たせたのがDualSense Edgeです。

スティックキャップは好みに応じて交換可能
バックボタンも好みのモジュールに変更可能
スティック手前にはファンクションボタンを搭載。ゲームやシーンごとに設定したプロファイルに素早く切り替えることが可能

交換可能なスティックモジュールで長く使える。故障してもステックだけ交換可能

機械としての信頼性も十分。
メカニカルとしての安定性も非常に高い構造とし、さらに電気のコネクター側も新規に設計するという変態っぷりです。

普段使いするコントローラーとしてメカ的な安定性と信頼性は大事
従来のDualSenseとは異なる構造を採用。信頼性と安定性に重きを置いた設計で、安定的な運用が可能。故障しない、いつでも同じパフォーマンスは競技性の高いコントローラーとしては大切だ

高耐久・高信頼性は機械モノとして非常にありがたいですね。
使っていてすぐ壊れた、では話にならないし、できるだけ長く使えたほうがエコでお金もかかりません。

もし故障したとしてもスティックモジュールだけ交換可能。

どうしてもスティックモジュールは故障率が高くなってしまう。ここだけ交換できるのはありがたい

コントローラーで1番壊れやすい部分ってスティックなので、ここだけ交換できるのは嬉しいですね。
修理に出すダウンタイムも発生せず、その場でサクッと交換してプレイを続けることができます。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥2,504 (2024/07/20 01:50:18時点 Amazon調べ-詳細)

今後eスポーツには必須となる”プロ仕様”コントローラー。勝利や品質・信頼性・カスタム性にこだわるなら持っておきたいアイテム

Nintendo SwitchにもProコントローラーがあるように、PlayStationのProコントローラーはDualSense Edgeが該当します。
Switchの場合は特に顕著なのですが、Proコントローラーがあると明らかに操作しやすいです。
ジャイロの反応性や持ちやすさ、スティック操作性、ボタンの押しやすさ。
本当によく考えられて作られているな、と感心します。

PlayStationの場合は特に競技性の高いゲーム(FPSや格闘ゲーム)が多いので、コントローラーにこだわるのは全然アリ。
ぶっちゃけお値段は高いですが、壊れた場合の修理費やダウンタイム、カスタマイズ性や性能、全体的なプレイの質向上を考慮すると、十分にその価値はあるコントローラーだと思います。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥27,348 (2024/07/20 01:50:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥2,504 (2024/07/20 01:50:18時点 Amazon調べ-詳細)

※本記事内の画像はPlayStation JapanのYouTubeアカウント動画よりスクリーンショットを掲載しています。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  6. ハッキリと映る半透明の幽霊。ペンシルバニア州で撮影された、あまりにも不気味な光景

  7. 大ダメージ確定ですわ…まるで魔法攻撃のような、連続落雷の瞬間を捉えた超貴重な映像

  8. GTA6まで待てない!GTA5のグラフィックは最新PC環境でどこまで進化したのか

  9. 落雷の威力がヤバすぎる…住宅側の木に雷が落ちる衝撃の映像

  10. 一蘭とんこつ炎(カップ麺)をガチレビュー。「辛さ」がクセになる、一蘭らしいハイクオリティな豚骨ラーメン。味や特徴、通常の一蘭との違いなども

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールZ KAKAROTの違いを比較。PS4版とPS5版でグラフィックやパフォーマンスはどこまで違いがでるのか

  2. 2

    スプラトゥーン3に勝ちやすい時間帯は存在するのか?勝率アップを狙うなら時間帯にもこだわってみよう

  3. 3

    DLSSとFSRはどちらが高性能なのか?26タイトルで画質を比較した結果、DLSSが圧勝する

  4. 4

    ファイナルファンタジー7リバースのグラフィック設定による違いを比較。設定によりどう違いが出るのか

  5. 5

    ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  6. 6

    Google翻訳とDeepL翻訳はどっちがいい?実際に翻訳して精度を比較してみた

  7. 7

    歴代プレイステーションで発売されてきたグランド・セフト・オートVのグラフィック、フレームレート、ロード時間の比較動画が面白い。同じタイトルでもハードでここまで違いが出るのか

  8. 8

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  9. 9

    ポケモンSVの”裏世界”を探検してみよう。壁抜け技を用いて裏世界へ行く方法

  10. 10

    オートマチック車は要注意!トランスミッション警告灯が点灯してTechMuddy号大ピンチの巻

新着記事 特集記事 オススメ
  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP