ヤマハがデザインしたトランペット風とバイク風のマウスがガチでカッコよくて市販して欲しいレベル

ハードウェア

本ページ、及び本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
詳細はプライバシーポリシーページをご確認ください。

ヤマハといえば何を思い浮かべますか?
ピアノやギターなどの楽器?またはバイク?それともルーターなどのネットワーク機器?
一部では自動車用エンジン、ゴルフ製品、マリン製品、FRPプールなどを思い浮かべる方もいるでしょう。
それほど多岐に渡り事業を展開しており、正直「こんな所にヤマハ!?」なんて事も多々あると思います。

ちなみに個人的にはヤマハといえば楽器、オーディオ、バイク、自転車。
どれもヤマハブランドって品質が高く、安心して使うことができます。
ここまで異業種に手を出していると、正直片手間でやってる事業もあるんじゃないと?と邪推しちゃいますが、ヤマハブランドは裏切らない。マジで良きです、ヤマハ。
ギターのPACIFICAなんて良心的価格で品質良くて弾きやすいし、モトクロッサーのYZ(特に65)なんて異次元の走りで驚愕だし、ルーターは伝統のRTXとNVRがあってサポートも良く、自転車のYPJシリーズは最近欲しいモノ上位に喰い込んでくるし。
いくら金があっても足りねーよ!ヤマハさん。良いもの出しすぎでしょ。

で、だいぶ話が脱線しちゃったのですが、ヤマハさん次はマウス作ったらしいです。
もちろんPC用のマウス。楽器のマウスピースや小動物のほうではありません。

これまでマウス作ってなかったの?と意外に思っていましたが、今回公開されたマウスのデザインがマジでヤバい。
市販される予定は無いとのことですが、ガチで市販されたら即購入するレベル。いや、むしろ購入させてください。

ヤマハとヤマハ発動機がコラボレーションしたTwo Yamahas, One Passionプロジェクト。Yamaha Design Laboratoryが2種類のマウスを公開

『Two Yamahas, One Passion』というプロジェクトで、音楽のヤマハとヤマハ発動機がコラボレーション。
同じ「ヤマハ」ブランドを使用する企業として、過去にも様々なコラボレーションを行っています。
今回のマウスはその活動の一環で生み出された物で、Yamaha Design Laboratoryが写真を公開しています。

黄金に輝く管楽器をモチーフとしたマウス

管楽器をモチーフにし、電子の流れを空気の流れのように表現。内部でどのような処理が行われているか、より直感的に伝わりやすいデザインにしたとのこと。
また、マウスのクリック感はまるで空気を押し出すバルブのようで、ヤマハの遊び心が詰まっています。
左右には木製と思われるガードも付いており、マウスの使いやすさ、掴みやすさも考慮。
デザインだけではなく「本当に使うならどうするのか」まで考慮されたハイレベルなマウスです。

バイクのフレーム構造を用いた堅牢で躍動感のあるマウス

バイクのフレーム構造を用いた、堅牢で剛性感たっぷり。今にも動き出しそうな躍動感に溢れるマウスです。
マウス正面にはヤマハロゴがあり、この角度から見ると本当に乗り物っぽい。
カラーはマットなブラックで高級感を演出しつつ、持った時にも滑りは少なそう。

残念ながら市販の予定はない

2つともすぐに販売できそうな完成度なんですが、残念ながらその予定は無し。
あくまでコラボレーションのコンセプトデザインとして公開されているようです。

管楽器のマウスをPCに繋いで楽曲制作したりスタバでドヤったり、バイクのマウスをサーキットでPCに繋いでセッティングしたりスタバでドヤったり。
アレコレ妄想が膨らみますが、製品化されないのは非常に残念。
ただ、みんなが欲しい!と声を挙げれば、ひょっとしたら…。

なお、Yamaha Design Laboratoryのインスタグラムでは他のプロダクトも公開されています。
今回のマウスについても製作過程などを見ることができ、とても興味深い。
昔からヤマハのデザインはカッコいいなと思っていましたが、やはり、といった感じでした。

Yamaha Design Laboratory
Two Yamahas, One Passion

関連記事

特集記事

新着記事

  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  6. ハッキリと映る半透明の幽霊。ペンシルバニア州で撮影された、あまりにも不気味な光景

  7. 大ダメージ確定ですわ…まるで魔法攻撃のような、連続落雷の瞬間を捉えた超貴重な映像

  8. GTA6まで待てない!GTA5のグラフィックは最新PC環境でどこまで進化したのか

  9. 落雷の威力がヤバすぎる…住宅側の木に雷が落ちる衝撃の映像

  10. 一蘭とんこつ炎(カップ麺)をガチレビュー。「辛さ」がクセになる、一蘭らしいハイクオリティな豚骨ラーメン。味や特徴、通常の一蘭との違いなども

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールZ KAKAROTの違いを比較。PS4版とPS5版でグラフィックやパフォーマンスはどこまで違いがでるのか

  2. 2

    スプラトゥーン3に勝ちやすい時間帯は存在するのか?勝率アップを狙うなら時間帯にもこだわってみよう

  3. 3

    DLSSとFSRはどちらが高性能なのか?26タイトルで画質を比較した結果、DLSSが圧勝する

  4. 4

    ファイナルファンタジー7リバースのグラフィック設定による違いを比較。設定によりどう違いが出るのか

  5. 5

    ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  6. 6

    Google翻訳とDeepL翻訳はどっちがいい?実際に翻訳して精度を比較してみた

  7. 7

    歴代プレイステーションで発売されてきたグランド・セフト・オートVのグラフィック、フレームレート、ロード時間の比較動画が面白い。同じタイトルでもハードでここまで違いが出るのか

  8. 8

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  9. 9

    ポケモンSVの”裏世界”を探検してみよう。壁抜け技を用いて裏世界へ行く方法

  10. 10

    オートマチック車は要注意!トランスミッション警告灯が点灯してTechMuddy号大ピンチの巻

新着記事 特集記事 オススメ
  1. 日本のストリートをドリフトで駆け抜けろ!日本の峠が舞台のドリフトレーシングゲーム『Torque Drift 2』が激アツ!

  2. 手についた魚の生臭さ、臭いを簡単に取る7つの方法。その中で最も効果のあるものは「歯磨き粉」だった!

  3. PlayStation4のコントローラーを清掃&修理。ドリフト現象やボタンが効かない場合、まずは清掃してみよう

  4. プレステでスプラトゥーンがプレイ可能!?Robloxにスプラトゥーンっぽいパクリゲー『Sploon』が現る

  5. 半端ない威力!核砲弾を発射可能な大砲兵器「M65 280mmカノン砲」がヤバすぎる

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP