Nintendo Switch有機ELモデルのパネルは焼き付くのか?耐久テストの結果、焼き付きに関して心配する必要はなし

ハードウェア

有機ELディスプレイといえば「発色が良い」「黒の表現力に優れる」「薄く軽量」「省電力」「視野角が広い」など、液晶ディスプレイと比較し高画質なのが特徴。
家電量販店などで見比べるとわかりやすいのですが、液晶と有機ELとでは一目瞭然。有機ELディスプレイはキレイだね!と感じるはずです。
近年ではスマートフォンやテレビにも有機ELが採用され、Nintendo Switchにも有機ELモデルが登場しました。
実際に液晶と有機ELのSwitchを見比べると、やはり有機ELのほうが高画質。映像がパリッとしていて発色がよく、解像度が上がったかのように感じます。

そんな有機ELディスプレイですが、メリットだけではありません。
もちろんデメリットもあり、代表的なのが「焼き付き」。
焼き付きとは、長時間表示していた映像が残って表示される現象。
例えば草原の映像を長時間表示し、次に海の映像を表示した際、ボンヤリと草原の映像が残ったままになってしまいます。
これがいわゆる焼き付きで、こうなってしまってはディスプレイ交換以外に手段がありません。

Nintendo Switch有機ELモデルでもディスプレイの焼き付きは発生するのか?
海外のゲーム系YouTuber、WULFF DEN氏が耐久テストを行い、その結果を公開しています。

約3600時間、6ヶ月もの間Nintendo Switch有機ELモデルをつけっぱなしで放置

WULFF DEN氏はNintendo Switchの有機ELディスプレイの耐久性を確かめるために、ゲーム画面を表示したまま本体を放置。
常時表示させた状態で約3ヶ月、1800時間の耐久テストを行っています。

【NINTENDO SWITCH】OLEDスイッチを1800時間付けっぱなしにした!

さらに動画は続きがあり、それから更に3ヶ月、合計3600時間ものテストを実施。

Switch有機ELモデルを3600時間点灯させた結果。。。

結果として、3600時間経過時点で「よくよく確認しないとわからないレベル」の焼き付きは発生。
目視するのは困難なレベルで、ほぼ問題ないとしています。

常時表示状態での結果であり、通常使用ではまったく問題なし

WULFF DEN氏のテストは「常時表示状態」でのテスト。
通常、3600時間もぶっ続けでゲームをプレイする人なんていません。
ライトユーザーで1~2時間程度、ヘビーゲーマーでも5時間前後でしょう。
当然その間、画面は切り替わるし動きます。静止画を表示し続けているわけではありません。
どんなにプレイしたくてもバッテリー切れになりますし、寝食忘れて3600時間ゲームをプレイするのは不可能でしょう。

常時表示状態、約6ヶ月で目視困難なレベルの焼き付きが発生するのであれば、通常使用の範囲ではまったく心配する必要はありません。

任天堂は有機ELディスプレイについての特性と注意を公開

なお、任天堂は有機ELのSwitchについて、以下の情報を公開しています。

Nintendo Switch(有機ELモデル)をお使いになる場合は、以下の点にご注意いただきますと、より長く鮮やかな映像でゲームをお楽しみいただけます。

変化(動き)のない映像を長時間または繰り返し表示しない
ゲーム画面を一時停止した状態や、HOMEメニュー、設定画面などを長時間表示し続けないでください。

自動スリープをONにする、またはスリープに入る時間を短めに設定する
HOMEメニューの「設定」→「スリープ」で設定できます。

画面を明るくしすぎない(画面の輝度を上げすぎない)
HOMEメニューの「設定」→「画面の明るさ」で調整できます。

Nintendo Switch サポート 有機ELディスプレイについて

実際はディスプレイの個体差もあるので、全てのSwitchが半年の常時表示に耐えられるわけではありません。
早く焼き付いてしまうものもあれば、それ以上の耐久性を示すものもあると思います。
しかし、ある程度ディスプレイの品質は揃えて採用しているはずなので、「購入してすぐに焼き付いた」なんて可能性は極めて低いでしょう。

通常使用であればまったく問題なく、有機ELディスプレイの弱点でもある焼き付きの心配もいらない。
映像はパリッと色鮮やかで、液晶モデルのSwitchよりも画面が大きい。

焼き付きが心配で有機ELモデルの購入を躊躇している方、まったく心配無用です。
もちろん、WULFF DEN氏の動画は任天堂非推奨の使い方。
高い焼き付き耐性のあるNintendo Switchの有機ELディスプレイですが、任天堂のアナウンスに従い、長時間の固定表示や輝度の上げすぎには注意しましょう。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. オンライン対戦ロビーの練習場にあるダミイカを使えば壁抜けすることが可能。しかし、その後「やられた」判定になるので裏世界を楽しむことはできないが…

  2. NVIDIAからRTX4000シリーズのデモ映像が公開。旧世代より強力なGPUパワーとDLSSの組み合わせで、ヘビー級ゲームでも高解像度&高fpsプレイが可能に

  3. オートマチック車は要注意!トランスミッション警告灯が点灯してTechMuddy号大ピンチの巻

  4. Unreal Engine 5で制作された日本の街並みがリアルすぎる。細部まで作り込まれた映像はずっと眺めていても飽きない。

  5. バンカラマッチや昇格戦で通信エラーが発生すると怒りを通り越してコントローラーぶん投げたくなるが、そこは大人なのでグッと我慢してアップデートでの更新に期待する話

  6. #コンパスライブアリーナをレビューしつつ、改善点や今後の展開に期待すること

  7. バンカラ”外”へ移動可能?バンカラ街から抜け出し、本来は侵入することのできないエリアに移動する方法が発見される

  8. 音だけでこんなに変わるの!?スプラトゥーン3とゲーミングヘッドセットの組み合わせは相性抜群。勝率アップにも貢献するマストアイテムだ

  9. スプラトゥーンのガチエリア間マッチングで999秒達成。その後40分以上待つもマッチングせず。今後のアップデートで改善を期待したい。

  10. なぜスプラトゥーン3では通信エラーが頻発しているのか?ユーザー側で改善できる通信環境とエラー回避方法について

ランキング

  1. 1

    スプラトゥーン3はどのようにチート対策に取り組むのか。純粋に楽しめるように、強力なチート対策システムの導入をお願いしたい

  2. 2

    発売から約9年。グランド・セフト・オート5のグラフィックはどこまで進化しているのか

  3. 3

    なぜスプラトゥーン3では通信エラーが頻発しているのか?ユーザー側で改善できる通信環境とエラー回避方法について

新着記事 特集記事 オススメ
  1. オンライン対戦ロビーの練習場にあるダミイカを使えば壁抜けすることが可能。しかし、その後「やられた」判定になるので裏世界を楽しむことはできないが…

  2. NVIDIAからRTX4000シリーズのデモ映像が公開。旧世代より強力なGPUパワーとDLSSの組み合わせで、ヘビー級ゲームでも高解像度&高fpsプレイが可能に

  3. オートマチック車は要注意!トランスミッション警告灯が点灯してTechMuddy号大ピンチの巻

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP