Nintendo Switch有機ELモデルのパネルは焼き付くのか?耐久テストの結果、焼き付きに関して心配する必要はなし

ハードウェア

有機ELディスプレイといえば「発色が良い」「黒の表現力に優れる」「薄く軽量」「省電力」「視野角が広い」など、液晶ディスプレイと比較し高画質なのが特徴。
家電量販店などで見比べるとわかりやすいのですが、液晶と有機ELとでは一目瞭然。有機ELディスプレイはキレイだね!と感じるはずです。
近年ではスマートフォンやテレビにも有機ELが採用され、Nintendo Switchにも有機ELモデルが登場しました。
実際に液晶と有機ELのSwitchを見比べると、やはり有機ELのほうが高画質。映像がパリッとしていて発色がよく、解像度が上がったかのように感じます。

そんな有機ELディスプレイですが、メリットだけではありません。
もちろんデメリットもあり、代表的なのが「焼き付き」。
焼き付きとは、長時間表示していた映像が残って表示される現象。
例えば草原の映像を長時間表示し、次に海の映像を表示した際、ボンヤリと草原の映像が残ったままになってしまいます。
これがいわゆる焼き付きで、こうなってしまってはディスプレイ交換以外に手段がありません。

Nintendo Switch有機ELモデルでもディスプレイの焼き付きは発生するのか?
海外のゲーム系YouTuber、WULFF DEN氏が耐久テストを行い、その結果を公開しています。

約3600時間、6ヶ月もの間Nintendo Switch有機ELモデルをつけっぱなしで放置

WULFF DEN氏はNintendo Switchの有機ELディスプレイの耐久性を確かめるために、ゲーム画面を表示したまま本体を放置。
常時表示させた状態で約3ヶ月、1800時間の耐久テストを行っています。

【NINTENDO SWITCH】OLEDスイッチを1800時間付けっぱなしにした!

さらに動画は続きがあり、それから更に3ヶ月、合計3600時間ものテストを実施。

Switch有機ELモデルを3600時間点灯させた結果。。。

結果として、3600時間経過時点で「よくよく確認しないとわからないレベル」の焼き付きは発生。
目視するのは困難なレベルで、ほぼ問題ないとしています。

常時表示状態での結果であり、通常使用ではまったく問題なし

WULFF DEN氏のテストは「常時表示状態」でのテスト。
通常、3600時間もぶっ続けでゲームをプレイする人なんていません。
ライトユーザーで1~2時間程度、ヘビーゲーマーでも5時間前後でしょう。
当然その間、画面は切り替わるし動きます。静止画を表示し続けているわけではありません。
どんなにプレイしたくてもバッテリー切れになりますし、寝食忘れて3600時間ゲームをプレイするのは不可能でしょう。

常時表示状態、約6ヶ月で目視困難なレベルの焼き付きが発生するのであれば、通常使用の範囲ではまったく心配する必要はありません。

任天堂は有機ELディスプレイについての特性と注意を公開

なお、任天堂は有機ELのSwitchについて、以下の情報を公開しています。

Nintendo Switch(有機ELモデル)をお使いになる場合は、以下の点にご注意いただきますと、より長く鮮やかな映像でゲームをお楽しみいただけます。

変化(動き)のない映像を長時間または繰り返し表示しない
ゲーム画面を一時停止した状態や、HOMEメニュー、設定画面などを長時間表示し続けないでください。

自動スリープをONにする、またはスリープに入る時間を短めに設定する
HOMEメニューの「設定」→「スリープ」で設定できます。

画面を明るくしすぎない(画面の輝度を上げすぎない)
HOMEメニューの「設定」→「画面の明るさ」で調整できます。

Nintendo Switch サポート 有機ELディスプレイについて

実際はディスプレイの個体差もあるので、全てのSwitchが半年の常時表示に耐えられるわけではありません。
早く焼き付いてしまうものもあれば、それ以上の耐久性を示すものもあると思います。
しかし、ある程度ディスプレイの品質は揃えて採用しているはずなので、「購入してすぐに焼き付いた」なんて可能性は極めて低いでしょう。

通常使用であればまったく問題なく、有機ELディスプレイの弱点でもある焼き付きの心配もいらない。
映像はパリッと色鮮やかで、液晶モデルのSwitchよりも画面が大きい。

焼き付きが心配で有機ELモデルの購入を躊躇している方、まったく心配無用です。
もちろん、WULFF DEN氏の動画は任天堂非推奨の使い方。
高い焼き付き耐性のあるNintendo Switchの有機ELディスプレイですが、任天堂のアナウンスに従い、長時間の固定表示や輝度の上げすぎには注意しましょう。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  4. 『SILENT HILL 2』のリメイクとオリジナルのグラフィック比較。Unreal Engine 5で表現される霧の世界はどのような変化を遂げたのか?

  5. 三菱のi-MiEV(アイミーブ)はコスパ最高の軽EV。通勤や近所への買い物・送迎用途であれば満足度高しで幸せになれる

  6. ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  7. Unreal Engineで再現された超リアルな初代マリオブラザーズ。製作者はなんとゲーム開発経験ゼロ。実際に遊べるゲームを目指して開発中

  8. 大ジャンプ・がけのぼりのライドスキルがなくてもベイクタウン途中のベイク洞窟を無理やり突破できた話

  9. APEX LEGENDS(エーペックスレジェンズ)の射撃訓練場から裏世界へ。バグ技を使ってテクスチャの向こう側を探検してみよう

  10. 特別なオリーブ転がし、実はゴールカゴに入れなくてもゴール判定に。慎重に坂を登るよりも大幅にタイム短縮が可能

ランキング

  1. 1

    PlayStation5用のコントローラー、DualSense Edgeは高額だが、通常コントローラーを修理したり買い替えるよりも安く上がり、かつ高機能で総合的なコスパと満足度は高いのかもしれない

  2. 2

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  3. 3

    早くもスプラトゥーン3にチート行為を行うユーザーが出現。無限マルチミサイル、インク影響無視、ダメージ無効化などの目撃情報がアップされる

新着記事 特集記事 オススメ
  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP