Nintendo Switchで4K表示が実現!?HDMIアップコンバーター「4K Gamer+」がMakuakeにて先行販売中

ハードウェア

一時期噂された「Nintendo Switch Pro」。
とうとう4K画質来るか!と思っていましたが、実際は有機ELモデルの追加だったり。
いや、いいんです。有機ELキレイですし。発色もよく画面も広くなって遊びやすくなりました。

しかし「Switchに4K」という捨てきれない夢。もしくは願望。
そんなSwitch 4Kを実現してくれるデバイスがMakuakeにて応援購入可能です。

Nintendo Switch向けと謳っていますが、マルチデバイス対応な4K画質までアップコンバーター。
「4K Gamer+」はPhotoFastが開発した1080pを4K画質までアプコンできる製品です。
PhotoFastは2003年に台湾で設立された企業。
主にUSBメモリカード、ストレージ、カードリーダーなどを開発。世界約70カ国の国と地域で販売されています。
そんな実績もあるメーカーが作った製品だから間違いなし!?
Nintendo Switchを4K画質で楽しみたいユーザーには朗報です。

4K Gamer+ってどんな製品なの?

4K Gamer+は1080p出力の機器を簡単に4Kへアップグレードできる、ゲーム機用の4K映像GPU。
Switch本体とテレビの間に接続することで、Switchから出力される映像を4Kにアップコンバートできます。
言葉で説明してもお伝えするのは難しいので、まずは下記の動画をご覧ください。

4K Gamer+でアップコンバートされたデモ映像

遅延やFPS低下も無し

1080pを4Kへアップコンバートするだけではなく、遅延やFPS低下も無し。
所謂、アップコンバート機器って本体~テレビの間に接続するものが多いので、どうしても遅延が発生しがちです。
しかし、4K Gamer+は専用の画像処理チップを搭載。
この専用チップのおかげで、膨大な量のデータ計算もスムーズ。遅延を起こす原因を大きく低下させています。

FPSや競技性の高いゲームをやっていると、どうしても気になるのがフレームレート。
僅かなレート低下が生死を分けるシビアな世界です。
4K Gamer+はアプコンによって表示される高画質映像を維持しつつも、フレームレートを低下させずに最高60fpsを維持します。
クッキリとしたシャープな映像を楽しみつつ、それでもfps低下は避けたい!といったユーザーには最適です。

マリオもゼルダもパキッとシャープな映像へ。
YouTubeの解像度を1080以上に設定すると、よりわかりやすい

アプコンだけじゃない!他の優れた機能

イメージシャープニング

4K Gamer+は映像内のオブジェクトコントラストや輪郭を滑らかに表現します。
ぼやけた映像からパリッとしたシャープな映像へ。
やり過ぎるとバキバキ感の出るシャープニングですが、4K Gamer+は「丁度よいシャープな映像」へ変換してくれます。

カラープロセシング

カラープロセシング処理により、明るさや輝度を自動調整。コントラストもハッキリするので、より自然なプレイ環境へ。
彩度調整も入るので、鮮やかな映像を楽しめます。

被写界深度を表現

所謂、一眼レフっぽい画像も。
映像の前後を自動認識し、手前に映っているものはハッキリと。背後にあるものはいい感じにボカしてくれます。
映像に奥行きが出るので、よりゲームへ没頭することができます。

Switchだけじゃない!?様々なデバイスにも対応

ここまで紹介してきて、まさに救世主のようなデバイスなんですが、実はSwitchだけじゃないんです。対応機種。
なんとSwitch以外にもChromecast、PlayStation4、Apple TV、WiiUなど。その他、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンにも接続可能とのこと。

当然、4K対応のテレビやディスプレイを持っていないとダメなんですが、「せっかく4KテレビあるのにSwitchは1080じゃん…」なんてお嘆きのあなたにピッタリのデバイスです。フレームレートも低下しないしね。
※公式にあるように、どのゲームでもフレームレートが低下しない保証はない、ですが。

現在、4K Gamer+はMakuakeにて2月27日まで先行予約受付中。
25%OFFの14,880円(税込)で購入可能です。
注釈:ちなみに一般販売予定価格は19,800円(税込)

リターン内容:
・4K Gamer+ 1個
・Switch Dock HDMI接続ケーブル 1本
・USB A to C充電ケーブル 1本
・取り扱い説明書 1冊
詳細はキャンペーンページをご確認ください。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  4. 『SILENT HILL 2』のリメイクとオリジナルのグラフィック比較。Unreal Engine 5で表現される霧の世界はどのような変化を遂げたのか?

  5. 三菱のi-MiEV(アイミーブ)はコスパ最高の軽EV。通勤や近所への買い物・送迎用途であれば満足度高しで幸せになれる

  6. ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  7. Unreal Engineで再現された超リアルな初代マリオブラザーズ。製作者はなんとゲーム開発経験ゼロ。実際に遊べるゲームを目指して開発中

  8. 大ジャンプ・がけのぼりのライドスキルがなくてもベイクタウン途中のベイク洞窟を無理やり突破できた話

  9. APEX LEGENDS(エーペックスレジェンズ)の射撃訓練場から裏世界へ。バグ技を使ってテクスチャの向こう側を探検してみよう

  10. 特別なオリーブ転がし、実はゴールカゴに入れなくてもゴール判定に。慎重に坂を登るよりも大幅にタイム短縮が可能

ランキング

  1. 1

    PlayStation5用のコントローラー、DualSense Edgeは高額だが、通常コントローラーを修理したり買い替えるよりも安く上がり、かつ高機能で総合的なコスパと満足度は高いのかもしれない

  2. 2

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  3. 3

    早くもスプラトゥーン3にチート行為を行うユーザーが出現。無限マルチミサイル、インク影響無視、ダメージ無効化などの目撃情報がアップされる

新着記事 特集記事 オススメ
  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP