謎の超技術!ゲームボーイカラーで発売予定だったストリートファイターZEROの再現度がヤバすぎる

ソフトウェア

今の30~40代には懐かしいんじゃないでしょうか。ゲームボーイカラー。
初代ゲームボーイに始まりポケット、ライト、さらにカラーが発売。
カラーバリエーションにスケルトンも用意され、全国のキッズ達の心を鷲掴みにしました。
分厚く単三電池4本が必要だった初代と比べても、スリムで垢抜けたデザインになっており持ち運びに便利。
何より「ゲームボーイがカラーで遊べる」衝撃が凄まじく、専用ソフトはもちろん、従来の白黒用ソフトもカラーでプレイ可能でした。※当然、専用ソフトの方が色数も多くよりカラフルでしたが(32,768色中56色同時発色)

今となってはレトロなゲーム機ですが、当時はカラーで遊ぶことのできた高級機。
各メーカーもソフト開発に勤しみ、様々なソフトがリリースされました。

謎の超技術か!?動きが滑らか過ぎるストリートファイターZERO

そんな中、カプコンから「ストリートファイターZERO」のゲームボーイカラー用ソフトがリリースされそうになっていたらしいのです。「らしい」なので未発売。惜しいことに国内ではリリースされていません。

ただこのゲームボーイカラー用ストリートファイターZEROのクオリティがハンパない。
とてもゲームボーイとは思えない動きと処理速度。
キャラクター数も多く背景も作り込まれています。

スムーズ&滑らかで、本当に実機でプレイしているのか?と疑いたくなる内容です。
※海外でのタイトルは”Street Fighter ALPHA”

グラフィックは色数や容量の制限でしょうか、それなりに簡素化されています。
しかし動きにカクつきがなく、ジャンプやガードのモーションも自然。
波動拳の出るタイミングなんてスーパーファミコンと大差ありません。

これが本当にゲームボーイカラーで動いているなんてっ!
日本で未発売なのがとても惜しいです。

元々はアーケード基盤向けに制作されたストリートファイターZERO。
それをゲームボーイカラーで動かすのは相当な調整が必要だったと思います。

ゲームボーイカラーの簡単なスペック

ゲームボーイカラーとゲームボーイのスペックにそこまで差はありません。
カラー専用カートリッジだと倍速モード(従来の4MHzから8MHz)が使えたらしいのですが、それでも現在の基準で見るとロースペック。それでこの動きとゲーム内容を再現しているなんて信じられませんね。

ゲームボーイ

CPUシャープ製LR35902組み込み、Intel 8080近似仕様のカスタムプロセッサ/4.19MHz
RAM8kバイト
VRAM8kバイト
ROM256k – 32Mビット

ゲームボーイカラー

CPUシャープ製LR35902組み込み 4MHz / 8MHz(8MHzはカラー専用倍速モード) Intel 8080近似仕様のカスタムプロセッサ
RAM32kバイト
VRAM16kバイト
ROM最大64Mビット

ロースペック機で新しめのシステムを走らせるのが好物な筆者としては、この動画非常にハマりました。
ちなみにこのストリートファイターZERO、ギリギリまで日本リリースを考えていたらしく、エンディングなどは普通に日本語で表示されます。
まさに幻の名作ってところでしょうか。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  4. 『SILENT HILL 2』のリメイクとオリジナルのグラフィック比較。Unreal Engine 5で表現される霧の世界はどのような変化を遂げたのか?

  5. 三菱のi-MiEV(アイミーブ)はコスパ最高の軽EV。通勤や近所への買い物・送迎用途であれば満足度高しで幸せになれる

  6. ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  7. Unreal Engineで再現された超リアルな初代マリオブラザーズ。製作者はなんとゲーム開発経験ゼロ。実際に遊べるゲームを目指して開発中

  8. 大ジャンプ・がけのぼりのライドスキルがなくてもベイクタウン途中のベイク洞窟を無理やり突破できた話

  9. APEX LEGENDS(エーペックスレジェンズ)の射撃訓練場から裏世界へ。バグ技を使ってテクスチャの向こう側を探検してみよう

  10. 特別なオリーブ転がし、実はゴールカゴに入れなくてもゴール判定に。慎重に坂を登るよりも大幅にタイム短縮が可能

ランキング

  1. 1

    PlayStation5用のコントローラー、DualSense Edgeは高額だが、通常コントローラーを修理したり買い替えるよりも安く上がり、かつ高機能で総合的なコスパと満足度は高いのかもしれない

  2. 2

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  3. 3

    早くもスプラトゥーン3にチート行為を行うユーザーが出現。無限マルチミサイル、インク影響無視、ダメージ無効化などの目撃情報がアップされる

新着記事 特集記事 オススメ
  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP