無料で使える電子印鑑サイトが便利で助かる件

ウェブサービス

日常生活でも仕事でも、印鑑ってそれなりに使う機会ありますよね。
日本の商習慣といいますか、仕事をする上で印鑑という存在はそれなりに幅を利かせています。
昨今は新型コロナウイルスの影響でリモートワークも増えましたが、書類に押印するためだけに出社なんて話も聞いたりします。
デジタルで処理しちゃえばいいじゃん、なんて思ったりもしますが、そうもいかない理由もあるんでしょう。
電子印鑑って外注するとソコソコ高いし、それこそ社員を多く抱えている会社では馬鹿にできない経費となるわけです。
クラウドタイプの印鑑システムもありますが、月額費用も発生するし、アカウント数が多くなればそのぶん固定費も上がりますしね。

かたや無料の電子印鑑を作成できるシステムやサービスもありますが、やはり有料のものと比べると低機能。
これも当然の話しで、無料だからしょうがないです。
かかっている開発費や規模が違いますから。

無料で高品質な電子印鑑データをダウンロードできるサイト「電子印鑑素材」

無料でどこかいい感じの所がないかなーと探していたら、見つけたのが電子印鑑素材。
それなりに数も多く、レアな名字も登録されています。
何より印鑑デザインがキレイで書体も豊富なのがありがたい。

電子印鑑素材トップページのスクリーンショット
※印鑑のデータはPNG・PDF・SVGを各書体、サイズで配布。
zipで圧縮されているので、1つの名字で各サイズと各拡張子のデータがまるっとダウンロード可能。

サイズは「直径6mmの訂正印」「一般的なサイズの9.5mm」「ちょっと大きめ11.0mm」「大きめ13.0mm」で配布。
さらに拡張子もPNG・PDF・SVGの3通り。
書体も多くデザインも良き。
これが無料なんてマジですげぇ。

他にもダウンロードした印鑑データの利用方法(WordやEXCELに挿入する方法)やデータの形式についても丁寧に説明されており、使い方に慣れていない人でもすんなりと利用することができます。

五十音順から探すことができる
ビジネス用途のスタンプも
可愛らしい各種イベント用のスタンプ
外国人向けの印鑑も
使い所に困る謎印鑑も…
previous arrow
next arrow
 
五十音順から探すことができる
ビジネス用途のスタンプも
可愛らしい各種イベント用のスタンプ
外国人向けの印鑑も
使い所に困る謎印鑑も…
previous arrow
next arrow

誰もが無条件で無料ではない!必ず利用規約の確認を

ただし!誰もが無条件で無料ではないのでご注意を。
「個人の(自分の)印鑑を個人的に利用する場合のみ、無料で利用できる」ので、会社みんなで使ったり、社内で共有したり、ダウンロードした印鑑データをシステムに組み込むことは不可。
その場合はライセンスを購入することで利用できるようになります。
詳しくは電子印鑑素材の利用規約をご確認ください。

利用規約に沿わない使い方をするのは泥棒と同じ。
規約の範囲内であれば無料で利用できるので、「自分の電子印鑑が欲しい!しかもクオリティが高くて書体とサイズが豊富なサイトがいい!」なんて方にはピッタリです。

会社で利用するなら!ライセンス購入費も圧倒的コスパ

電子印鑑素材でライセンス購入すると、1社(法人)あたり29,800円。
29,800円で電子印鑑素材に登録されている全ての印鑑データを会社や組織で利用することができるようになります。社内共有やシステム組み込みもOK!
買い切りタイプなので29,800円以外の費用はもちろん不要。初期費用や月額費用も発生せず、本当に買ってお終いなのです。
ただ、他の有料印鑑サイトが高機能(タイムスタンプ機能・暗号化機能など)を備えているのに対し、電子印鑑素材は無し。本当に印鑑の画像データ(もしくはPDF・SVG)だけでいいや!って方には向いていると思います。

なお電子印鑑素材の管理者の方は、全て1人で開発されている様子。
TechMuddyでも複数人でキツキツなのに、あの規模のサイトを1人でなんて…。

電子印鑑素材は支援も受け付けています。
サイト維持費・印鑑データ作成に必要な専用ソフト・書体関連のライセンス費用がそれなりにかかっているらしく、もし余裕があればご支援いただきたいとのこと。
電子印鑑素材支援ページ
TechMuddyでも少しばかりですが支援させていただきました。

本記事内のスクリーンショットは電子印鑑素材様より引用しております。

関連記事

特集記事

新着記事

  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  4. 『SILENT HILL 2』のリメイクとオリジナルのグラフィック比較。Unreal Engine 5で表現される霧の世界はどのような変化を遂げたのか?

  5. 三菱のi-MiEV(アイミーブ)はコスパ最高の軽EV。通勤や近所への買い物・送迎用途であれば満足度高しで幸せになれる

  6. ボタンを連打するとポケモンは捕まえやすくなるのか?ポケットモンスター スカーレット・バイオレットで試してみた

  7. Unreal Engineで再現された超リアルな初代マリオブラザーズ。製作者はなんとゲーム開発経験ゼロ。実際に遊べるゲームを目指して開発中

  8. 大ジャンプ・がけのぼりのライドスキルがなくてもベイクタウン途中のベイク洞窟を無理やり突破できた話

  9. APEX LEGENDS(エーペックスレジェンズ)の射撃訓練場から裏世界へ。バグ技を使ってテクスチャの向こう側を探検してみよう

  10. 特別なオリーブ転がし、実はゴールカゴに入れなくてもゴール判定に。慎重に坂を登るよりも大幅にタイム短縮が可能

ランキング

  1. 1

    PlayStation5用のコントローラー、DualSense Edgeは高額だが、通常コントローラーを修理したり買い替えるよりも安く上がり、かつ高機能で総合的なコスパと満足度は高いのかもしれない

  2. 2

    NieR:Automata(ニーア オートマタ)のグラフィック比較。PS4とSwitchではどこまでグラフィックに違いがあるのか

  3. 3

    早くもスプラトゥーン3にチート行為を行うユーザーが出現。無限マルチミサイル、インク影響無視、ダメージ無効化などの目撃情報がアップされる

新着記事 特集記事 オススメ
  1. FORSPOKEN(フォースポークン)のPS5版とPC版グラフィック比較。PS5での設定によるグラフィックやパフォーマンスの違いについても

  2. 『バイオハザード RE:4』とオリジナル版の映像を比較した動画が公開。リメイクで変更された箇所やグラフィックの質感など、見ているだけでも面白い

  3. DualSense Edge(デュアルセンスエッジ)ワイヤレスコントローラーの開発・デザインストーリーのガチっぷりがヤバい。多機能・カスタマイズ性・信頼性に優れたお値段以上の変態コントローラー

  1. 次期型Nintendo Switchは大幅にスペックアップ。DLSSとレイトレーシングに対応したAmpereアーキテクチャを採用するかもしれない。

  2. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  3. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

  1. Switch Pro?新型Nintendo Switchは2024年後半に発売か。アナリストが予測

  2. 発売時期はいつ?PS5 Proの噂とスペック・価格についての情報と予測

TOP